医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

地域医療連携

地域のみなさまのお役に立つ病院を目指して

当院は、創立以来「人生は芸術である 医療もまた芸術である」との設立の理念を掲げて、大阪府南部、南河内地域の基幹病院として、良質で安全な医療・福祉・保健サービスを提供することにより、地域社会の健康増進に貢献することを目標としています。

地域の医療機関が協力しあって、患者様の健康を守る仕組みとしての「地域医療連携」も定着してまいりました。日頃の健康管理や軽い傷病については、地域の診療所などの「かかりつけ医」が担当し、専門的な検査や入院診療は病院が担当するなど、患者様に対してより適切で良質な医療をスムーズに提供しようとする仕組みです。

当院は急性期病院としての役割を果たすために、地域医療連携をより積極的に推進しておりますが、その推進を担う「地域医療連携室」を院長直属の部門として設置し、病診連携登録医制度の充実をはじめとする、様々な取り組みを行っています。

医師や看護師、理学療法士などの医療スタッフを地域へ派遣し、市民健診や母子保健事業健診、難病患者リハビリテーション指導などに積極的に協力しています。

また、将来、地域医療に貢献する人材を育成するために多くの職種にわたって実習生を受け入れています。