Clinical Training Center

PL病院の一員として質の高い医療を実践する
次世代の医師を募集しています

当院は2008年4月1日、卒後臨床研修評価機構の基準を達成した病院として認定を受けました。

当院では、「PL病院の設立理念を理解し、基本的診療能力を習得すると共に、患者の持つさまざまな問題を患者と同じ目線の高さで全人的にとらえ、医療チームの一員として質の高い医療を実践する医師を育てる。」という理念のもと、次世代を担う医師の育成にあたっています。

基本方針

  1. プライマリーケアと救急医療に必要な基本的能力(態度、知識、技能)を習得する。
  2. 患者・家族の価値観を尊重し、信頼関係を築いて診療にあたる。
  3. チームの一員であることを自覚し、他職種への敬意と良好なコミュニケーションをもってチーム医療を実践する。
  4. 医療の専門職としての倫理と責任を自覚し、安全で良質な医療を提供する。
  5. 地域医療や災害医療における医療の社会的側面や公衆衛生の重要性を理解し、誠実・公正な態度で社会に貢献する。
  6. 社会人として広い視野と感性を育むべく、生涯にわたる自己学習に努める。

研修の目的

臨床研修の第1の目的とするところは、医師としての人格を涵養すると共に、患者様を中心とした医学・医療のニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、また、救急疾患の初期対応ができるよう知識と技能を習得していただくことにあります。
また、多様化する社会のニーズに応えるべくインフォームド・コンセント、医療事故防止、病診連携のあり方などを身につけていただくことも第2の目的として大切であると考えています。

研修の環境

当院では、研修医の皆さまが自己研鑽に集中できる環境を整えております。

病院長からのメッセージ

IT化されたチーム医療の中で21世紀に相応しい研修を

本院は1990年以来、南河内地区の小児救急医療を担ってきましたが、2004年4月からは内科救急患者の受け入れも始め、二次救急病院として地元の要請に応える体制を敷きました。また、1998年の日本医療機能評価機構の審査と2004年5月および2009年6月の更新審査で認定されており病院内のハードとソフトのシステム充実に力を注いでいます。

2006年4月には新病院がオープンしましたが、それに先立ち2004年1月に電子カルテシステムを導入しました。電子カルテは21世紀の医療には欠かせない患者様との双方向の情報伝達ツールとなるものであり、研修医時代からフルオーダリングのみならずパソコンによるカルテ記載の訓練を受けておくことはとても有意義なものと考えております。

臨床研修においてプライマリ・ケアの基本的な能力である知識・技能・態度を身につけることはもちろんのこと、社会人として患者様の持つさまざまな問題を患者様と同じ目線の高さで全人的にとらえ、チーム医療によって解決の糸口を探ることのできる柔軟さも身につけて頂きたいものです。

21世紀に相応しいプライマリ・ケアの知識と技術を身に付けヒュマニティー溢れた医師に成長すべく、その第一歩を当院の研修で踏み出して頂くことを期待しています。

病院長
進藤 勝久

臨床研修センター長からのメッセージ

「地方色豊かな環境で人間味あふれる医師づくりを目指す」

富田林市は江戸時代から天領であり、寺内町を中心とした旧市街は今も当時の趣をたたえており、おっとりとした気質の市民を対象にPL病院では診療が行われています。

開設当初はPLの信仰者のための診療所でしたが、1970年以来地元の人々の診療も手がけるようになり地域の中核病院としての役割を果たしてきました。子供の誕生から高齢となった親の死を見取るまで、地元の方々と喜怒哀楽を分かち合いつつ地元に欠かせない医療機関として発展してきました。

地元の生活と密着した診療は初期臨床研修には必須のものですが、当院では多くのありふれた病気の生の姿を診ることができます。

内科では、循環器、呼吸器、消化器、血液、腎臓などの専門医のもとでEBMに基づいた診断学や治療を学び、外科では消化器疾患、小児外科を中心に手術の基本を身に着けることになります。また、産科で母子医療を学ぶと共に、南河内の小児救急を一手に引き受けている小児科では感染症を中心とした急性期医療を多数経験出来ます。救急部門は当院麻酔科で4週間、そして救急搬送患者の多い城山病院で8週間の合計12週間研修を受け、地域医療は北海道の協力病院で4週間、あるいは近隣地域の診療所で1か所を4週間または2か所を各2週間ずつ、精神科は結のぞみ病院で4週間学ぶことになります。

一方選択科目については、ローテート中に志望科が変わることも多いため、1ヶ月前までに当該科責任者の了解を得て決定することにしています。これは1学年4名という少ない定員で初めて出来る柔軟なシステムで、研修医の好評を博しています。

臨床現場で患者中心の医療を学ぶだけでなく、ロールプレイやシネメデュケーションなどの手法を用いて、コミュニケーション能力や自己評価・相互評価能力の向上を計りつつ、患者に信頼される医師へと成長するプログラムを用意しています。

臨床研修センター長
臨床研修プログラム責任者

中尾 照逸

初期臨床研修プログラム

プログラムの詳細

修了後の進路

  • 3年目以降は基幹施設との連携により専攻医として専門研修を行う道を用意している。

新専門医制度(後期研修)について

PL病院では2018年度から全科スタートした新たな専門医制度に関して、下記のとおり二大学の専門研修プログラムで研修連携施設として申請手続を進め、各領域の専攻医を受け入れる研修体制の整備を行っています。

基幹施設 基本領域
大阪公立大学 内科、外科、産婦人科、小児科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、放射線科、形成外科、麻酔科、総合診療科
近畿大学(※) 内科、外科、産婦人科、整形外科、病理、皮膚科(※)、眼科
  • 皮膚科のみ近畿大学医学部附属病院及び、近畿大学医学部なら病院を基幹型施設とする。

研修協力施設について

救急研修 医療法人春秋会 城山病院(外部リンク)
精神科研修 一般財団法人成研会 結のぞみ病院(外部リンク)
地域保健研修

大阪府富田林保健所 <施設番号:032910>
所在地:大阪府富田林市寿町3丁目1-35
管轄地域:富田林市、河内長野市、大阪狭山市、河南町、太子町、千早赤阪村
開設者:大阪府知事 松井 一郎
研修実施責任者:所長 大原 俊剛

地域医療研修

医療法人 今城クリニック <施設番号:076313>
所在地:富田林市向陽台4丁目4-17 / TEL:0721-29-0701
診療科:内科・小児科・リハビリテーション科
研修実施責任者:理事長・院長 今城 保定

医療法人 ふじおか小児科 <施設番号:076318>
所在地:富田林市久野喜台2丁目15-26 / TEL:0721-28-8671
診療科:小児科
研修実施責任者:理事長・院長 藤岡 雅司

医療法人 山本耳鼻咽喉科 <施設番号:076319>
所在地:富田林市寺池台1丁目9-72 / TEL:0721-29-1473
診療科:耳鼻咽喉科
研修実施責任者:院長 山本 秀文

医療法人幸信会 おおしか医院 <施設番号:076310>
所在地:富田林市若松町1丁目3-17 / TEL:0721-25-2700
診療科:内科・消化器科
研修実施責任者:理事長・院長 大鹿 幸信

医療法人誠樹会 宮田医院 <施設番号:076321>
所在地:富田林市小金台1丁目11-26 / TEL:0721-29-2387
診療科:整形外科・リハビリテーション科
研修実施責任者:理事長・院長 宮田 重樹

医療法人百賀時の会 富田林ときのクリニック <施設番号:076322>
所在地:富田林市喜志町3丁目13-10 / TEL:0721-24-0024
診療科:内科・皮膚科・泌尿器科
研修実施責任者:理事長・院長 木村 伸悟

なかじまこどもクリニック <施設番号:076325>
所在地:富田林市津々山台2丁目10-1-102 / TEL:0721-40-2501
診療科:小児科
研修実施責任者:院長 中嶋 達郎

みなみうら小児科 <施設番号:076327>
所在地:富田林市川面町2丁目3-12 / TEL:0721-23-8806
診療科:小児科
研修実施責任者:院長 南浦 保生

市立根室病院 <施設番号:031064>
所在地:北海道根室市有磯町1丁目2番地
診療科:内科、外科、小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科、麻酔科、皮膚科、
泌尿器科、リハビリテーション科、放射線科、心臓血管外科、脳神経外科、
循環器科、呼吸器科、消化器科
研修実施責任者:院長 川本 雅樹

松前町立松前病院 <施設番号:034868>
所在地:北海道松前郡松前町字大磯174-1
診療科:内科、外科、整形外科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、人工透析
研修実施責任者:院長 八木田 一雄

臨床研修センター 見学申し込み・お問合せ

  • 曜日:平日(月~金)
    ※土曜日を希望される場合は「お問い合わせ内容」に理由を記載してください。
  • 方法:直接来院又はZoomによるオンラインミーティング
    ※オンラインを希望される場合は「お問い合わせ内容」にその旨を記載してください。
  • 内容:初期臨床研修医と直接情報交換ができます。
  • 申込:下記申し込みフォームから申し込んでください。

受付後、改めて担当者からご連絡させて頂きます。

病院見学(就職説明会)お問い合わせフォーム

必要事項をご入力のうえ、確認画面へお進みください。

お名前
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
住所
必須
生年月日
必須
性別
必須
学校名
※新卒者のみ記入
学年
※新卒者のみ記入
見学希望日(第1希望)
※原則、土曜日午前の開催ですが、その他の曜日も調整可能です。
見学希望日(第2希望)
※原則、土曜日午前の開催ですが、その他の曜日も調整可能です。
見学希望日(第3希望)
※原則、土曜日午前の開催ですが、その他の曜日も調整可能です。
その他
個人情報保護方針
必須
採用に応募する際は、必ず「個人情報保護方針」をお読みいただきご同意ください。