医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

病院概要

 
■開 設 1956年11月1日
■開設者 橋本 清保(医療法人宝生会理事長)
■院 長 橋本 清保
■副院長 北村 幸太郎
■病院規模 敷地面積 30,161.48u、建築総面積 28,702.63u
駐車場740台(患者様用350台)、職員寮2棟、附属保育所
■病床数 370床(一般病床285床・8病棟、地域包括ケア病床38床・1病棟、療養病床47床・1病棟)
■医師数 常勤医師:79名(内研修医8名)/非常勤医師:65名 (2016年11月現在)
■看護体制 7対1入院基本料
■診療科目 内科、血液内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科、小児科、外科、整形外科、眼科、産婦人科、耳鼻咽喉科、形成外科、泌尿器科、皮膚科、精神科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、脳神経外科、歯科、病理診断科
※「神経内科」「精神科」「脳神経外科」は、非常勤医師による診察体制のため、初診患者様の受診は受け付けておりませんのでご了承ください。
 
■施設・設備
救急診療部 診察室4室、処置室1室、観察室、
マルチスライスCT(64列)1基、一般撮影装置1基
放射線科 MRI(1.5テスラ)2基、マルチスライスCT(64列)1基、
透視装置4基、一般撮影装置3基、心臓血管造影装置(DSA)1基、
体外衝撃波結石破砕装置 など
手術室 5室(バイオクリーンルーム1室、日帰り手術室1室)
特殊病室 新生児病室5床、無菌病室15床(9室)、HCU(高度治療室)4床
腎センター 透析ベッド60床、透析装置は最新式自動プライミング方式
MEセンター 人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプなどの
臨床工学技士による中央管理システム
薬剤部 IT化された注射薬自動払い出し装置、全自動散薬分包装置、
水薬・散剤監視システム
中央臨床検査部
第1検査科: 検体検査担当(生化学自動分析機、免疫自動分析装置 他)
・病理検査担当
第2検査科: 生理検査担当(心臓・腹部超音波装置、脳波検査室 他)
血液部 輸血システム
内視鏡部 専用検査室(上部消化管、下部消化管、ERCPなど)
健康管理科 人間ドックシステム(日帰り)
リハビリテーション科 心大血管疾患(I)、脳血管疾患(T)、運動器(I)、呼吸器(I)
栄養科 HACCP(食品の製造工程における品質管理システム)に基づく管理
その他施設 特殊浴室7室、体外衝撃波結石破砕装置室
屋上庭園 3,500u
免震構造 当院の高層棟(8階建て部分)は免震構造になっており、震度6の大地震でも震度3〜4程度に軽減する装置が設置されている。
コージェネレーション
システム
発電と熱供給体制の効率化を図る
 
■厚生労働省指定臨床研修病院
 
■大阪府がん診療拠点病院
 
■日本医療機能評価機構認定病院
 
■卒後臨床研修評価機構認定病院
 
■各種学会認定・指定
・日本内科学会認定医制度教育関連病院
・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
・日本血液学会認定血液研修施設
・日本外科学会外科専門医制度修練施設
・日本乳癌学会関連施設
・日本消化器外科学会専門医修練施設
・日本消化器病学会認定施設
・日本消化管学会胃腸科指導施設
・日本整形外科学会専門医制度研修施設
・日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設
・日本透析医学会専門医制度認定施設
・日本眼科学会専門医制度研修施設
・日本腎臓学会研修施設
・日本周産期・新生児医学会
 周産期新生児専門医暫定研修施設
・日本周産期・新生児医学会
 周産期母体・胎児専門医暫定研修施設
・日本IVR学会専門医修練施設
・日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
・日本病理学会研修登録施設
・日本麻酔科学会麻酔科認定病院
・日本緩和医療学会認定研修施設
・日本皮膚科学会認定専門医研修施設
・日本形成外科学会教育関連施設
・日本静脈経腸栄養学会認定NST稼働施設
・日本リウマチ学会教育施設
・日本消化器内視鏡学会指導施設

・小児科専門医研修施設
・母体保護法研修機関
・日本栄養療法推進協議会認定NST稼働病院
・下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の
 実施基準による実施施設
・日本がん治療認定医機構認定研修施設
 
■基本診療料
一般病棟入院基本料(7対1)、療養病棟入院基本料1、在宅復帰機能強化加算、診療録管理体制加算1、看護職員夜間配置加算1(12対1)、医師事務作業補助体制加算1(25対1)、急性期看護補助体制加算(25対1)、療養環境加算、重症者等療養環境特別加算、療養病棟療養環境加算1、無菌治療室管理加算1・2、特定集中治療室管理料3、医療安全対策加算1、感染防止対策加算1、患者サポート体制充実加算、ハイリスク妊娠管理加算、退院支援加算2、総合評価加算、データ提出加算2、小児入院医療管理料2、歯科外来診療環境体制加算、栄養サポートチーム加算、ハイリスク分娩管理加算、認知症ケア加算2、地域包括ケア病棟入院基本料1
 
■特掲診療料
高度難聴指導管理料、糖尿病合併症管理料、がん性疼痛緩和指導管理料、がん患者指導管理料1・2、糖尿病透析予防指導管理料、地域連携小児夜間・休日診療料1、院内トリアージ実施料、外来リハビリテーション診療料、肝炎インターフェロン治療計画料、薬剤管理指導料、医療機器安全管理料1、歯科治療総合医療管理料、在宅患者訪問看護・指導料、造血器腫瘍遺伝子検査、HPV核酸検出・HPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)、植込型心電図検査、時間内歩行試験、コンタクトレンズ検査料1、小児食物アレルギー負荷検査、センチネルリンパ節生検、CT透視下気管支鏡検査加算、画像診断管理加算1、CT撮影及びMRI撮影、冠動脈CT撮影加算、心臓MRI撮影加算、抗悪性腫瘍剤処方管理加算、外来化学療法加算1、無菌製剤処理料、心大血管疾患リハビリテーション料(T)、脳血管疾患等リハビリテーション料(T)、運動器リハビリテーション料(T)、呼吸器リハビリテーション料(T)、廃用症候群リハビリテーション料(T)、がん患者リハビリテーション料、透析液水質確保加算2、歯科技工加算、乳がんセンチネルリンパ節加算2、 ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術、植込型心電図記録計移植術及び植込型心電図記録計摘出術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)、早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術、輸血管理料U、輸血適正使用加算、麻酔管理料(T)、人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算、病理診断管理加算1、クラウン・ブリッジ維持管理料、CAD/CAM冠、がん治療連携計画策定料、歯科口腔リハビリテーション料2、検体検査管理加算(T・U)、大腸CT撮影加算、胃瘻造設時嚥下機能評価加算、胃瘻造設加算、在宅療養後方支援病院、下肢末梢動脈疾患指導管理料、病理診断管理加算1、口腔病理診断加算1
 
■給食料
入院時食事療養(T)・入院時生活療養(T)

当院は、厚生労働大臣の定める入院時食事療養/生活療養(T)に関する基準の適合病院であり、 近畿厚生局長に届出を行い、食事の質向上に努めています。入院患者の皆様に提供するお食事は、その病状に応じて医師及び管理栄養士が管理にあたり、配膳については適時(朝7:15、昼12:00、夕18:00)に行い、また適温での提供を行っています。

 
■入院医療費について
当院は、入院費の算出方法に関し、包括評価方式(患者様の疾病及び診療内容に応じ、1日当たりの医療費を算出する方法を導入しております。ただし、入院目的及び診療内容により、出来高方式(診療行為ごとに医療費を算出する方法)になる場合もあります。
 
■PL病院係数(平成2016年度)
基礎係数(V群) 暫定計数 機能評価係数T 機能評価係数U 係数合計
1.0296 0.0161 0.2047 0.0556 1.306
 
■医療法人宝生会関連施設
・PL病院東京診療所(PL東京健康管理センター) 〒150-0047 東京都渋谷区神山町17-8