医療法人宝生会 PL病院ホームページ

グローバルナビゲーション

コンテンツ

リハビリテーション科

【施設基準】

・心大血管疾患リハビリテ―ション料(T)

・脳血管疾患等リハビリテ―ション料(U)

・運動器リハビリテ―ション料(T)

・呼吸器リハビリテ―ション料(T)

・がん患者リハビリテ―ション料

・廃用症候群リハビリテ―ション料(U)

・摂食機能療法

 

【資格】

・心臓リハビリテ―ション指導士:2名

・3学会合同呼吸療法指導士:3名

・糖尿病療養指導士:2名

・がんのリハビリテ―ション研修会修了者:14名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ トップへ戻る

リハビリテーション科 部長 松倉 登(医師)

PL病院は広大な緑あふれる羽曳野の丘に位置しています。この恵まれた環境でリハビリテ―ション科は、医師をはじめ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の専門職スタッフにより構成しています。一同、心を一つにして患者様のQOLの向上の為に、また社会復帰に向けてご自宅や地域での心豊かな生活が送れるように、個々にきめ細かなプログラムを作成し、実施しています。スタッフに対しては、各自が自己研鑽に勤しむことができる組織づくりを進めています。

 

 

≫ トップへ戻る

リハビリテーション科 副部長 杉島 裕美子(医師)

PL病院リハビリテ―ション科では、各科からのリハビリ依頼の後、速やかにリハビリテ―ション科専任医師が診察判断をして療法士に実務指示が出せるシステムを採用しており、依頼科と療法士の意思疎通がしっかりできています。そのため、総合病院ならではの多彩で、重篤な急性期の状態に対しても病態の把握やリスク管理がなされ、効果的で安全なリハビリが実施できます。また、医師を含めた勉強会を行うことでリハビリテ―ション科全体のレベルアップを図り、患者様にオリジナルで有効なリハビリを受けていただけるよう努力しております。

 

 

≫ トップへ戻る

リハビリテーション科 室長 西埜植 祐介(理学療法士)

PL病院リハビリテ―ション科は、急性期病院のリハビリテ―ションとして、整形外科疾患をはじめ循環器疾患・呼吸器疾患・がん等、幅広い疾患の患者様に対して、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師などの多職種で協同し、退院後の生活を想定したリハビリテ―ションを行っています。PL病院は緑に囲まれており、四季折々の花に囲まれた屋上庭園での歩行訓練や、ミニ菜園で育った作物を収穫したりもします。また、水中トレッドミルや筋力測定装置(サイベックス)、HONDA歩行アシストでの歩行訓練など、より効果的なリハビリテ―ションを提供しています。患者さまに安全で安心なリハビリテ―ションを継続して提供することで、地域や社会へ貢献できるようスタッフ一同、日々自己研鑽しております。是非一度、病院へ見学に来てください。

≫ トップへ戻る

先輩からの声

理学療法士(4年目)
Q.PL病院で働こうと思った理由を教えてください。
私がPL病院で働こうと思ったきっかけは祖母の入院でした。ちょうど、就職活動を始めようと思っている頃、祖母が膝の手術でPL病院に入院することになりました。祖母の面会のために病院に行った際に、施設内は広く、病室からはたくさんの緑が見ることができ、とても明るい病院だと感じました。祖母は常時酸素が必要な状態で、耳も遠く筆談でのコミュニケーションが必要なのですが、担当してくださった理学療法士の先生が親切丁寧に指導いただいたので、祖母も楽しそうにリハビリに励んでいました。実習を終え、病院見学に参加した際、PL病院は急性期の総合病院であり、外科の術後のリハビリから循環器や呼吸器、がんなどの様々な疾患の患者様と関わることができ、幅広い知識や技術を身につけることができるのではないかと思い、就職試験に応募しました。
Q.実際に働いてみての感想はいかがですか?
PL病院で働いて感じることは、コミュニケーションが取りやすい職場だということです。入職当初は悩むことや失敗することも多々ありましたが、プリセプター制度が採用されているので、先輩に相談しフォローしていただける環境が整っています。リハビリテ―ション医も常駐されているので、臨床での相談や方向性もすぐに相談できるところが良いと思います。
Q.リハビリテ―ション科の雰囲気を教えてください。
明るく雰囲気の良い職場だと感じています。入職時から先輩方は気にかけてくださり、いつの間にか全スタッフと気兼ねなく相談できる関係になっていました。リハビリテ―ション科では、勤続30年以上の先輩から1年目のスタッフまでが働いており、経験豊富な先輩からもすぐにアドバイスをもらえる環境です。
理学療法士(2年目)
Q.PL病院で働こうと思った理由を教えてください。
私がPL病院で働きたいと思った理由は、急性期の一連の流れを学べる、経験豊富な先輩職員がたくさん在籍されている、新人教育の体制が充実していると感じたからです。また、自宅からの距離が近いこともありPL病院で働きたいと思いました。
Q.実際に働いてみての感想はいかがですか?
様々な疾患の患者様に関わらせていただいています。その中で、分からないことや困ったことがあれば先輩が適確なフォローをしてくださるので、働きやすい環境だと感じています。また、通勤時間も短いので、自由な時間が増えて趣味のサッカーに打ち込むことができ、プライベートも充実しています。
Q.リハビリテ―ション科の雰囲気を教えてください。
フリーデスクの採用により、カルテ記入などのPCを使用する際には、隣の人に気軽に治療についての相談や何気ない話もしやすい環境です。年齢の近いスタッフだけでなく、経験豊富な先輩とも密にコミュニケーションをとることができ、部署全体がアットホームな雰囲気だと思います。
言語聴覚士(2年目)
Q.PL病院で働こうと思った理由を教えてください。
私は摂食・嚥下リハビリテ―ションに興味を持っていました。PL病院は急性期病院ということもあり、回転率も早くより多くの疾患をみることができ、VE(嚥下内視鏡検査)やVF(嚥下造影検査)といった設備も整っていて、摂食・嚥下障害についての知識を高められると思ったのと、病院見学に来た際に先輩方に優しく対応していただいたので、働きやすい環境だと思いPL病院の採用試験を受けました。
Q.実際に働いてみての感想はいかがですか?
PL病院は中枢疾患の割合に比べ呼吸器の疾患の方が多く、嚥下障害の患者様が多い印象です。また、摂食・嚥下障害看護認定看護師の方も在職されているので、患者様のことで困った時は、相談に乗っていただき、アドバイスもいただけるので、摂食・嚥下リハビリテ―ションに興味を持っていた私にとってはとても有意義な時間を過ごすことができており、1年間でたくさん勉強ができたと感じています。
また、部署内でもPT、OT、ST関係なく先輩方とも診療以外の空き時間に患者様の相談なども気軽に行うこともできるので、情報共有がしやすい環境だと思います。

≫ トップへ戻る